オンラインテニスベッティングのルール

テニスベッティングは、ボリス・ベッカーがキャリアのピーク時に、当時頂点に達しました。テニスの試合は何年もの間、ブッカーやパンターを魅了しました。簡単なだけでなく、生み出す利益のためです。

テニスのベッティングルールを知るためには、まずは、試合のルールに精通しなければなりません。この魅力的なラケットスポーツにベットしながら、従うべき規制や利用条件についてもっと知るためにさらに読みましょう。

無資格それとも引退

スタンドのためには、いずれかのプレーヤーがリタイヤするか、1対1の試合の賭けの資格がなくならない限り、2セットを終えていなければなりません。さもなければ、賭けはプッシュ/キャンセル、またはノーアクションになり、全額返金されることになります。

2セット以下で終わる場合には、賭けは無効とみなされます。停止となるどんな賭けでも2セット終了していなければなりません。例えば、ロディックが6-3、4-6、2-0 (フェデラーが怪我のためにリタイヤ)の場合を見てみましょう。この場合にはすべてのベッターはスタンドとなります。ロディックは負けとみなされ、フェデラーが勝者として宣言されます。

ではこの例の場合 – フェデラーが 2-0、6-3 (ロディックが怪我のためにリタイヤ)。ここでは、すべての賭けは無効とされます。試合が夕刻、天候問題、スケジューリングなどによって再度スケジュールされる場合には、すべての賭けはスタンドとなり、すべてのベットは後日試合が再開されるまでアクションとなります。

今後 / 勝つオッズ

述べてはいますが、すべてのテニスの今後のベット (勝つためのオッズなど)は「オールイン」として考慮されます。プレーヤーが参加前に撤収を求める場合には、その特定のプレーヤーのすべてのベットは損失としてみなされます。

試合や施設のコートタイプが変わった場合には、試合のベットの賭けのオッズは調整されます。これで、あらかじめ調整されたオッズで行われた試合のベットは無効となり、後からの賭けや今後がスタンドとなります。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *